初めての方へ|兵庫県西宮市の動きのコツ研究所リハビリセンター

の 研究 所 コツ 動き

2007年にはイタリアへリハビリの研修で渡欧。 右前方のエレベーターに向かいます 7. 退院後は、主に介護保険をつかったリハビリを受けることができますが、マンツーマンでのリハビリ時間は圧倒的に少なくなるのが現状です。 もっと沢山歩く練習をしたり、筋力を鍛えた方が良いのかな」と、筋力トレーニングをたくさん行っている方々と出会いました。

3

動きのコツメールマガジン|神戸の脳梗塞、脳出血専門リハビリ|動きのコツ研究所

の 研究 所 コツ 動き

苅和泰介 かりわ・たいすけ 理学療法士 通所リハビリリハビリや訪問リハビリに携わっていたとき、「脳梗塞になって4年が経った。 入院中は1日に2から3時間あるセラピストとのマンツーマンでのリハビリ内容は「装具をつけたままでの歩行訓練」や、「麻痺した利き手ではなく、反対の手を生活で使う訓練(利き手交換)」が中心となります。

13

生野 達也のプロフィール情報 All About

の 研究 所 コツ 動き

2007年にはイタリアへリハビリの研修で渡欧。

19

【オンライン】生野達也氏のADL改善につながる動きのコツ習得セミナー

の 研究 所 コツ 動き

生活期の脳卒中患者に対して改善の笑顔を提供するとともに、プロのセラピストに対して技術を指導する講演活動を積極的に行っている。

動きのコツメールマガジン|神戸の脳梗塞、脳出血専門リハビリ|動きのコツ研究所

の 研究 所 コツ 動き

(2)当事者の想いを伝えるイベント「未来への一歩」 これまでのリハビリを通じて医師やリハビリスタッフ、看護スタッフに「もっと~して欲しかった」、「当時は言えなかったが…と思っていた」ということはないでしょうか? その声を現役の医療・介護スタッフに届け、未来の医療・介護サービスの向上につなげることを目的としたイベントとして、神戸と東京で「未来への一歩」を開催しています。

15

生野 達也のプロフィール情報 All About

の 研究 所 コツ 動き

jpのメールアドレスに 空メールを送ってください。 40代~60代向けの麻痺患者を中心に、これまでに関わった患者数は、のべ3万名以上。 これまで、ブログの中で、ご自宅でのリハビリに活かしていただけるポイント として「動きのコツ」をご紹介させていただいておりました。

10

生野達也氏のADL改善につながる動きのコツ習得セミナー

の 研究 所 コツ 動き

一定の条件を満たした方は、未来への一歩で登壇いただいています。 フレンテ西館に入り、突き当りにエレベーターがあります。 しかし、制度の問題からリハビリを受けることができない状態で、とても困っていたのです。

17

姿勢と動きの研究所 とは…

の 研究 所 コツ 動き

この会に参加したのは、私が看護学生時代にお世話になった恩師が、脳卒中を患った当事者として登壇されたことがきっかけです。

15