今更遅いよ、炭治郎【鬼滅の刃】

夢 小説 治郎 炭

「それじゃあお兄ちゃん、行ってらっしゃい」 「ああ、行ってきます」 禰豆子らと別れ、再び歩みを進める炭治郎。 「おっしゃあ!!」 突如、厭夢の目の前の列車の屋根が下から破られると、そこから猪の被り物をした1人の少年が現れる。 知らなかった事もありました。

3

『鬼滅の刃【短編集】』第3章「一夜の夢、永遠の契り【煉獄×炭治郎】※炭目線(オメガバース)」 33ページ

夢 小説 治郎 炭

今にも消えてしまいそうなその姿を見て、禰豆子は思う。 あり得ない現実を前に、彼の保有する五つの脳の全てが思考停止する。

12

炭治郎 立場逆転 小説

夢 小説 治郎 炭

常識的に考えて、倒れるほどの疲労と寝不足は、満腹になったからといって治ったりしない。

14

鬼の王 竈門炭治郎

夢 小説 治郎 炭

それが、ふと研究が一段落して我に帰ると、ドッと押し寄せてくるのだ。 走り出してどれほど経ったか。

5

欲のままに。【鬼滅の刃】【竈門炭治郎】

夢 小説 治郎 炭

, しのぶは笑顔のまま答えない。

1

【休載中】目覚めたらまさかの竈門一家の一人で禰豆子となぜか炭治郎が鬼化していた件

夢 小説 治郎 炭

。 もう何百年も閉ざされていたんだぞ。

炭治郎 裏切り 小説

夢 小説 治郎 炭

頭部が再生し、この元凶の姿が目に映る。 それなら……… 「………守ること、戦うことを贖罪として続けよう。 ようやく辿り着いた場所は、硫黄や鉄の匂いが立ち込めており、いかにも職人の里といったような所だった。

欲のままに。【鬼滅の刃】【竈門炭治郎】

夢 小説 治郎 炭

作られた夢に閉じ込められたな……そんな感覚しかなかったのだ。 大丈夫。

1