『枕草子』の現代語訳:96

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

現代語訳 三月の末頃、土忌みに人の家に移ったところ、桜のさかりで趣深く、今まで散らないものもある。 二宮は皇后宮《こうごうのみや》と女三宮《おんなさんのみや》をじっと見つめながら、「美しい女は顔立ちが似通うものなのだろうか」と心が落ち着かなかった。

18

『竹取物語』の原文・現代語訳17

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

28 なほ 副詞。 『ここにおはするかぐや姫は、重き病をし給へば、え出でおはしますまじ』と申せば、その返事はなくて、屋の上に飛ぶ車を寄せて、『いざ、かぐや姫、きたなき所にいかでか久しくおはせむ』と言ふ。

11

『竹取物語』の原文・現代語訳21

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

以上を踏まえて描き直した関係図は下記の通りとなります。 (明石の君が)何かちょっとしゃべっている様子など、「なるほど(明石の君が光源氏の寵愛を受けるはずだ)。 兵士たちは呆けたようにぼおっとした気持ちになり、ただ天人たちを見守るばかりである。

2

作り物語『しぐれ』の

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

9 思ひやりし ラ行四段動詞「思ひやる」の連用形+過去の助動詞「き」の連体形。 紫の上のお身の上が見捨てがたく思うにつけても、(秋好)中宮がいらっしゃるから、(これが)並々ならぬお味方である。

20

更級日記「大納言の姫君」

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

さまざまな虫かごに入れさせなさる。 39 あなかしこ 連語。

2

『源氏物語』「薫と宇治の姫君」の現代語訳と重要な品詞の解説5

訳 姫 現代 語 お ぼ ちく

こちらに連れてきてちょうだい」と言うので、「どうして」と聞くと、「夢の中でこの猫が私のそばに来て、『私は、侍従の大納言様の姫君がこのように猫に生まれ変わったものです。 姫を止めることもできず、ただその姿を仰ぎ見ながら泣いていた。 e 上達部・上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。

10