太平洋戦争中の沖縄戦を描いたドラマ「さとうきび畑の唄」

映画 さとうきび 畑

1976年7月25日、からLP『NHKみんなのうた ゴールデン・ヒット・アルバム』(CW-7074)の収録曲として発売。 沖縄出身の新垣 テノール は、2001年にこの曲をフィーチャーしたアルバム『さとうきび畑』でデビュー、翌年この曲をアルバムからシングルカットしたものが初シングルであり、その後も重要なレパートリーとしている。

3

「ちなみに」

映画 さとうきび 畑

監督は「昭和歌謡大全集」の篠原哲雄。 。

11

新垣勉 さとうきび畑 歌詞&動画視聴

映画 さとうきび 畑

【ストーリー】 那覇で小さな写真館を営む平山幸一(明石家さんま)は、写真を撮りにくる人たちの幸せそうな笑顔を見ているだけで嬉しくなってしまう、人の良い男だ。 プロデューサー:• 僕も、是非聞いてみたいです。 父はなぜ戦い、なぜ殺されたのか、なにを恐れ自決したのか。

12

新垣勉 さとうきび畑 歌詞&動画視聴

映画 さとうきび 畑

明るく優しい性格で人気者。

4

深呼吸の必要 : 作品情報

映画 さとうきび 畑

でも良いアレンジだと思います。

7

新垣勉 さとうきび畑 歌詞&動画視聴

映画 さとうきび 畑

平山幸一• にはの音楽番組『』での歌唱で紹介されたが、このときは2、3、11番だけという超ショートバージョンの形で録音・放送されている。

新垣勉 さとうきび畑 歌詞&動画視聴

映画 さとうきび 畑

また、放送の『』の「きょうは何の日」コーナー等によると「自分のような幸せでぽわんとした少女時代を送った自分に歌う資格があるのだろうか」と思ったとのこと。 やっぱり、号泣した。

太平洋戦争中の沖縄戦を描いたドラマ「さとうきび畑の唄」

映画 さとうきび 畑

『歌い継がれる名曲案内 音楽教科書掲載作品10000』日本アソシエイツ、2011年、431頁。 通り抜ける風の音を聞きながら静かに悲しみを訴える。 そのカメラの中には兵隊らの笑顔の写真がたくさん入っており、「幸一がいたからこそ、戦争中でも皆が笑っていられた」という事を実感した美知子と美枝は泣き崩れ、そんな彼女らの元に昇からの遺書が届けられたのだった。

18