小式部内侍

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

そのあたとに辞書だけを用いて、口語訳を書き添削してもらってみてください。 和泉式部、保昌が妻 にて丹後に下り けるほどに、 京に歌合あり けるに小式部の内侍歌詠みにとら れて詠み けるを 現代語訳 和泉式部が、夫の保昌の妻として(保昌の任国の)丹後の国に下っていた頃に、 都で歌合があったが、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌人に選出されて、歌を詠んだが、 品詞分解 和泉式部 名詞 保昌 名詞 が 格助詞 妻 名詞 にて 格助詞 丹後 名詞 に 格助詞 下り ラ行四段活用動詞「下る」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 ほど 名詞 に 格助詞 京 名詞 に 格助詞 歌合 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 に、 格助詞 小式部の内侍 名詞 歌詠み 名詞 に 格助詞 とら ラ行四段活用動詞「とる」未然形 れ 受身の助動詞「る」連用形 て 接続助詞 詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 を、 接続助詞 定頼の中納言戯れに、小式部の内侍に、 「(歌人として有名な母和泉式部のいる)丹後に派遣した人はもう帰って参りましたか。 、編 有朋堂書店〈有朋堂文庫〉、1926年。

古今著聞集

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

二点にまとめて簡潔に説明しなさい。 問五 波線部イについて、「ただかたちを」の後に省略されている言葉を補って現代語訳しなさい。 いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。

19

十訓抄『大江山』品詞分解のみ

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

過去の助動詞「けり」終止形 思はずに ナリ活用形容動詞「思はずなり」連用形 あさましく シク活用形容詞「あさまし」連用形 て、 接続助詞 「こ 代名詞 は 係助詞 いかに。

古今著聞集の大江山で、定頼の中納言が小式部内侍をからかったのはな...

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

「これや夢解きの女のもと」と問へば、御供の侍、「これにて候ふ」と言ひて来れば、まき人は上の方の内に入りて部屋のあるに入りて、穴よりのぞきて見れば、この君入り給ひて、「夢をしかじか見つる ウなり。 〔二〕の 天のはしだては、推考にはなりますが、 丹後国風土記に記されている 伊射奈芸命が天に行くために立てた梯であったとする由来に己が心を重ねている、と読んでみると、一層深みが感じられます。 問四 二重傍線部Cはいくつの単語から成立しているか答えなさい。

十訓抄『大江山』問題(1)の解答

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

宇治拾遺物語・藤大納言忠家もの言ふ女、放屁の事 八 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。

7

古今著聞集の大江山で、定頼の中納言が小式部内侍をからかったのはな...

江山 聞 内侍 の 集 部 大 が の 歌 式 古今 著 事 小

どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 と =格助詞 言ひ =ハ行四段動詞「言ふ」の連用形 て =接続助詞 小式部内侍、 局 つぼね にあり ける に、「丹後へ 遣はし ける 人は 参り たり や。

10